アーテックスラボラトリーブログ仕事実績から気になるニュースまで
旬な情報をお届けします

eddgelank
5
Apr

facebook、今更聞けないエッジランク!

2012年4月5日| カテゴリー雑談タグ

前回のfacebookのネタが意外と反響がございましたので、いい気になって引き続きfacebookネタなど。


すでにご存知の方も多いとは思いますが、今一度おさらいを。facebookの投稿は、すべてのお友達に表示されているわけではありません。


このfacebookのウォールの右側に注目。現在、ハイライトが選択されていますね。


ハイライトというのは、たくさん流れてくる情報の中からある一定の法則に基づいてfacebookのシステムが記事を抽出してくれるというもの。


逆の立場で考えてみましょう。


あなたが企業は1万人のファンを持つfacebookページの運用担当者です。あなたの投稿は1万人のfacebookページに表示されると思いたくなりますが、そうではないということなんですね。


では、表示されるための条件とは??


エッジランクと言われる計算アルゴリズムが使われています。このアルゴリズムは3つの要素から決定されます


一つ目は親密度(affinity score)
あなたとニュースを書いた人(企業)との普段からの付き合いの深さ。
メッセージを送り合う、プロフィールを頻繁に見に行く、というような行為ですね。
二つ目は重み(Weight)
ニュースに対してのアクション。コメントは重く、いいね!は次に重いとされています。
三つ目が時間(time)
ニュースが書かれた時間。新しい方が高く評価されるようです。


つまり、twitterのように流しっぱなしの情報ではいくら多くのファンを作っていてもあまり意味がないということが言えそうです。


コミュニケーションしてなんぼ、という世界。普段から気になる記事へのコメントを書く、反応する、コメントがついたらこまめに返すというマメさが求められるわけです。


楽して大きな成果は期待できませんね・・・。